Web・スマートフォンサイト作成(iPhone)、携帯サイト作成、eコマース、予約、顧客管理のASP(SaaS)型マーケティングサービス,CMS,リスティングサービス,SEOサービス

メールマガジンの登録/解除はこちら

 
代理店様募集中
 
サイトファームはPCサイトは勿論、スマートフォンや携帯サイト、にも標準で対応。ECショッピング、予約受付、会員管理機能など、多数の機能を搭載!
aaaaaa
   
 

年代別の転職事情

中途採用では、転職者の年齢によって企業が求める能力や人材が変わってきます。そのため、企業が転職者に重視する要素を年齢別に把握し、自分の年齢と照らし合わせることで対策を講じていくのが大変有効です。
 
それでは年代別に見ていきましょう。まずは若年層と呼ばれる20代の転職者です。
 
若年層にはキャリアがないため、期待できるものは逆にその人の将来性と意欲しかないといえるでしょう。しっかりとした準備に裏づけされた自信をともなった熱意が採用担当の目にとまります。
 
若年層に対する転職需要は充実している反面、企業としては採用しても転職を繰り返してしまうのではないかという可能性を一番危惧しますので、その企業に入社した後の展望や目標に重きをおいて自己アピールするのが有効だと思われます。
 
次に30代をみていきましょう。
このぐらいの年代になってくると業務経験や実績が重視されるようになります。端的に言えば、30代に求める要素は、「即戦力」だといえます。中途採用とは、つまりは戦力補充と言い換えることもできます。
 
企業としてはできる限り育てるコストを省きたいのが心情ですので、長期間の離職ブランクをつくってしまわぬように注意したいところです。また、実績が判断される職務経歴書はわかりやすく魅力的に映るよう工夫を凝らす必要があります。
40代以上になってくると企業として求めるものもこれまでとは異なり、過去のキャリアと業務経験を生かした、主にマネジメント能力に重きが置かれることになります。
 
マネジメント能力に付随して、コミュニケーション能力も重視されます。実績なども、評価されるのは年齢に見合ったより高水準なものになってきます。
 
また、40代以上の転職者の中にはすでに家庭をもつ方も多くいると思います。
20~30代の転職競争率に比べればライバルは多くないかもしれませんが、転職して年収が下がり環境も変わることにより、家庭トラブルに発展しないとも限りません。
 
特にローンや子供の教育費が重なってくると金銭的に苦しくなってきますので、その辺りも考慮し、転職前に家庭内で一度話し合ってみるのも大切ですよ。